立教大学
– 先生紹介 –

 

icon-teacher


★林 もも子 教授
現代心理学部/心理学科

「自分が知らない自分を知ろう」

専門は心理療法と成人のアタッチメントです。クライエント中心療法と精神分析的精神療法の二つを主に学び、実践してきました。二つの違いを超えて統合していきたいと思っています。その鍵として、アタッチメントという、生まれつき備わっている人と人の絆のあり方に関心を持ち、研究しています。人間は知れば知るほど不可思議で、おのれを知ることで人間理解を深めたいと思っています。

Profile
臨床心理士として、個人を対象とする臨床活動を行う一方、アタッチメントや心理療法について研究してきた。著書に「思春期とアタッチメント」「精神分析再考」などがある。


★豊田 三佳 教授
観光学部/交流文化学科

「持続可能な観光開発とは何かを探求する」

ゼミでは地域住民の社会、文化、環境に観光はどのような影響を与えているかという視点から観光現場でのフィールドワークを行います。人口減少する次世代の日本社会を見据えて、量的な拡大を求めた観光ではなく、より持続可能な観光のあり方を探っています。学生は国内・海外でのさまざまな地域の人々とのインタビュー体験を通してコミュニケーション能力を高めていきます。

Profile
イギリス、タイ、シンガポールにて研究とキャリアを積み、2012年より現職。専門は社会学でジェンダー、開発社会学の分析的枠組みから観光を研究しています。


★郭 洋春 教授
経済学部/経済学科

「平和とはなにかを、経済学の視点で研究」

グローバリゼーションは、世界中の人に多くの可能性を与えてくれますが、その一方で格差や対立を生み出しています。従来の経済学は量的成長のみに目を向けていましたが、これからは人間と人間、人間と社会、人間と自然との調和を図る関係性を中心とした経済社会に変えていかなければなりません。私はそれを「平和経済学」と呼び経済学の新たな可能性を研究しています。

Profile
立教大学経済学部教授。専門は、開発経済学、アジア経済論、平和経済学。著書として、『国家戦略特区の正体 外資に売られる日本』(集英社新書)、『TPP すぐそこに迫る亡国の罠』(三交社)、『開発経済学―平和のための経済学』(法律文化社)など多数


立教大学
http://www.rikkyo.ac.jp

〒171-8501
東京都豊島区西池袋3-34-1

  • 愛知・国立大学
  • 創立当初から受け継がれている「自由闊達」な学風を伝統とし、世界レベルの教育・研究を実施しています。
  • 愛知・国立大学
  • 創立113年。中京地区を中心とした産業界とともに発展、ものづくり愛知の代表大学です。
  • 愛知・私立大学
  • 「強く、優しく。」東海地区を代表する女性総合大学として、女性のための教育を追求しています。
  • 東京・私立大学
  • 知識の先にある本物の”叡智”によって一人ひとりの可能性を引き出し、世界を切り開く人物を養成します。
  • 愛知・私立大学
  • 「穏健中正」を立学の精神として、9学部23学科を擁する文理融合型の中部圏で最大規模を誇ります。
  • 東京・私立大学
  • 先進的な教育改革を断行し、誰とでもその力を発揮できる「専門性に立つ教養人」の育成に努めています。
  • 愛知・私立大学
  • 1946年の開学当初より外国語教育を柱とし、世界に羽ばたく人材の育成に力を入れています。
  • 京都・私立大学
  • 「一国の良心」ともいうべき人物の養成を教育の目標に掲げ、その建学の精神が140年引き継がれています。
  • 東京・私立大学
  • 文理の枠を超えて学ぶカリキュラムを、日英バイリンガリズムの少人数教育により実践しています。
  • 愛知・私立大学
  • 教育・研究・診療を通じて社会貢献ができるよう、次世代を見据えた医師・看護師を養成しています。
  • 京都・国立大学
  • 対話を根幹とした自由の学風のもと創造の精神を涵養する学問の都として、世界にその存在感を示しています。
  • 東京・国立大学
  • 多様な人々が知恵を出し合い、それを活用し連携協力して行動をおこす「知のプロフェッショナル」を育成。
  • 大阪・私立大学
  • 総合大学として、多様な文化とその価値観を尊重し、柔軟かつ幅広い視野で物事を捉える力をつけます。
  • 京都・私立大学
  • 6学部11学科の多彩な学びを展開する女子総合大学として140年を超える歴史を歩んでいます。
  • 東京・私立大学
  • 『知をつむぎ、世界をむすび、未来をつくる。』をビジョンに知と技とネットワークによる創造的人材の育成。

PAGE TOP