神谷 萌南

~10ヶ月後の私~

シェアする

皆さんお久しぶりです! ただいま日本!!

暑い日々が続きますが、みなさんは、いかがお過ごしですか? 私は帰国して1ヶ月が経ち、ようやく日本のジメジメした暑さに慣れてきました(笑)。

さて、今回は私の10カ月間の留学を振り返り、自分がどう変わったのか、日本でそれをどう活かしていきたいのかについて書きたいと思います。

イタリアでの体験を振り返る前に、皆さんにお尋ねしたいことがあります。「幸せ」とは、何でしょうか? 辞書で「幸せ」を引くと、いくつかの意味のなかの一つに、「運が良いこと」とありました。では、幸せになれないとしたら、その人が運を持っていないからなのでしょうか?

私はイタリアで「人生」について最も学んだ気がします。

10ヶ月前の自分は、夢も目標もなく、何のために毎日勉強しているのかも、何のために生きているのかも、よく分かっていませんでした。10代の皆さんなら、たぶん同じようなことを一度ぐらい考えたことがあると思います。

そんな自分を変えたくて、将来を見つめ直したくて決心した留学。

イタリア人は、みなさんご存知のように、とても明るいです。なぜでしょうか? 国民性の違いでしょうか? 文化の違いでしょうか? 宗教の違いでしょうか? 考え方の違いでしょうか? おそらく、その全てが当てはまるでしょう。でも、それより大事なのは、彼らは「幸せ」を自ら見つけ出し、それをものすごく大切にしている人たちだということです。

例えば家族。イタリア人は、家族をものすごく大切にします。友達も同じです。とにかく人と人の繋がりを、とても大切にします。それが「幸せ」に繋がっているんだなと思いました。

「幸せ」って、実は周りにいっぱい転がっていて、自分がそれに気がついていないか、気がついていても大切に扱っていない、そんなふうに気がついたのです。ホストマザーから、「幸せは自分でつかむものだよ」と言われたのを、今でもよく覚えています。

帰国後、イタリアで経験したことを糧に、私は少しずつ留学前の生活を改めるようにしています。家族とも前よりコミュニケーションを取るようになったし、イタリアの友達や家族とも連絡を取り続けることで、リフレッシュしたり、イタリア語を忘れないようにしたりしています。

留学で得た人と人との繋がりは、私を大きく変えてくれました。文化や宗教や環境が違う人たちと話し合い、見たことのないものに触れることで、それまであった考え方が大きく変わったり、偏見や固定観念がなくなったり、私の中で多くの「化学反応」が起こりました。それは、感受性の強い10代のうちに留学したからこそ、なのかもしれません。

あの時、留学をするという決断をして、本当に良かったと思います。費用もかかったけれど、すぐに賛成してくれて、私を送り出してくれた両親。イタリアでの経験を、このブログに書く機会を与えてくださったスキッフルの皆さんにも、とても感謝しています。文章を書くことで、改めて実感することも、たくさんありました。今後、もしまた留学後の生活について書かせていただける機会がありましたら、ぜひよろしくお願いします!

皆さんのなかで、一歩前に踏み出すことに迷いがある方がいれば、思い切って行動してみてください。正直に言いますと、動機も大事ですが、同時に動機なんてどうでもいいと思うのです。後から付け足してしまえば、同じなのですから。「変わりたい!」という気持ちや好奇心から、先に始めても大丈夫だと思うのです。

やりたいことが留学なら、目的の国は、どこでもいいと思います。どこに行っても、素敵な経験ができます。もちろん良いことばかりではないと思いますが、困難もまた、自分を成長させてくれると考えています。

また、留学した国では、その国の人たちだけでなく、他の国からの留学生と交流する機会もあります。つまり、「世界」に触れることができるのです。私がお世話になった「AFS」という団体は、日本からの派遣先が約40カ国もありました。その派遣先の国の一つひとつに、世界のAFSから留学生が来ていて、私もグリーンランドやインドネシアなど世界中に友人ができました。

難しいと初めからあきらめず、小さな行動から始めてみてください。その小さな行動を積み重ねていくうちに、いつのまにか、ぐんと成長した自分に気がつくと思います。

私が留学する前に立てた目標は「最初からあきらめるのでなく、自分から行動できるようになること」でした。それは達成できました。今、自分の夢と目標のために、私は行動しまくっています! 2020年には、留学で学んだイタリア語を活かし、東京オリンピックのボランティアに参加したいと考えています。

そして次の夢は、日本かイタリアか他の国になるのかはまだ分かりませんが、大学に進んで心理学か環境について学び、研究していきたいと思っています。留学生活を通して、人間そのものや、私たちの周りの環境について興味を持ったからです。

今まで私のブログを読んでくださった方々、本当にありがとうございます!
では、また会う日まで、さようなら ~ Arrivederci!!  ありがとうございました^_^

シェアする
  • 2018年12月3日
  • 神谷 萌南
  • 未知の世界に飛び込むことで、自分が誰か、日本はどのような国なのかを知ることができました。
  • 2018年6月5日
  • 澤井 紅葉
  • わたしは現地の学校が終わり、夏休みをだれーっと過ごしているところです。
  • 2018年3月1日
  • 澤井 紅葉
  • ボホール島の魅力をみなさんにお伝えしたいと思います!

PAGE TOP