「トビタテ!留学JAPAN」から オランダに短期留学!

シェアする

私は文部科学省主催の「トビタテ!留学JAPAN」に応募し、助産師先進国のオランダに短期留学してきました。

弟のへその緒を切った6歳の時から助産師を志し、中2の時に行った産婦人科での職場体験を得て、世界においての助産師の必要性を知りたくなりました。

現地では13件の病院、助産院の訪問や自宅出産の立ち会いを通してオランダが先進国だと言われる理由は〝制度が整っている〟ことだと気が付きました。日本にも産休や育休制度があるにも関わらず心良く利用できる人が少ない現状にあります。なので、その風潮を改善していくための働きかけを行っていきたいと思っています。

私は助産師とは結びつけにくい国際英語科に所属しています。ですが、学校で培った英語を使い、留学したことで自分の夢に近づくことが出来ました。例え自分の希望通りの進路に進めなかったとしても、自分の行動次第で歩み方を変えられると思っています。

受け身になってチャンスを待つのではなく自ら動いて、夢を掴めるように一緒にがんばりましょう!

名東高等学校3年 角田 七菜

シェアする
  • 朝日新聞「朝日奨学会」と「公益財団法人グルー・バンクロフト基金」をご紹介します。

PAGE TOP