こころフォト

~ 忘れない 〜

NHKでは、東日本大震災で亡くなった方の写真と家族からのメッセージを紹介する「こころフォト ~忘れない〜」という取り組みを行っています。
震災の死者不明者2万1000人以上という数字ではなく、1人1人に大切な人生があったことを伝えたいという思いで続けています。

「こころフォト」で紹介している方々の1人、佐藤愛梨ちゃんに関するエピソードを今年3月、ニュースでお伝えしました。
愛梨ちゃんは幼稚園の送迎バスで自宅に向かう途中、津波に巻き込まれわずか6歳で亡くなりました。生きていれば中学生になるはずだった愛梨ちゃんのために、母親の美香さんは今春、中学校の制服を作りました。
幼稚園の時から背が高かった愛梨ちゃん。美香さんは成長した姿を想像して少し大きめに仕立ててもらったといいます。
「姿形がただ見えないだけで、愛梨は私の中で一緒に生きていますし、これからも生き続けます」。美香さんは取材に対して、少し涙ぐみながらも力強く話しました。

「こころフォト」のホームページには、家族の深い想いが綴られています。
命の尊さ、家族の存在・・・様々なことが心に浮かぶと思います。お時間のある時にぜひご覧ください。そして、あなたのメッセージもお待ちしています。

こころフォト ~忘れない〜
http://www.nhk.or.jp/kokorophoto/


PAGE TOP