どえりゃあwings

d-01今年1月に「異文化理解」を目的とした料理教室を開催しました。
名古屋市に住む小学生と、在日フィリピン人の子どもたちを招き、フィリピンの家庭料理と日本の料理を作りました。
初めはおとなしかった子どもたちも、料理をしていくにつれて元気な姿を見せてくれました。料理という身近な視点から、異文化について考えるいい機会になりました。

またフェアトレードの普及啓発に繋げるため、今年はドリップバッグコーヒーの他に新商品を開発しました。フィリピンの女性の生産者たちが手織りする布を使ったペンケースです。
フィリピンの伝統的なデザインとシンプルな作りが特徴です。どちらの商品も団体メールアドレスにてご注文を承っております。

どえりゃあwingsは愛知県内の高校生約25人で活動中です。メンバーは随時募集しています。
詳しくはdoeoeryawings2013@yahoo.co.jpまでご連絡ください。


名古屋高校生国際ボランティア団体
どえりゃあwings

どえりゃあwingsは6月現在、愛知県内の約15の学校から25人が集まって活動する国際ボランティア団体です。プロジェクトの企画や団体の運営は、基本的に高校生のみで行っています。

団体の活動方針として、「高校生の視点から国際ボランティアを行う」、「同じ志を持った高校生たちの交流の場を創る」を目的に2013年11月から活動しています。

具体的にはこれまで、ブラジルの貧しい子どもたちに文房具を贈ったり、フィリビンの孤児院建設を支援するための募金活動を行ったりしました。他にも、世界の紛争について考えるワークショップを開催したり、小学生を対象とした異文化理解のためのクッキング教室を主催したりもしています。これらの活動は全てメンバーの発案で、自由にそしてやりたい事を実現できるというのも私たちの特徴です。

また、フェアトレードの普及啓発活動にも力を入れています。皆さんは、昨年名古屋市が日本で二番目のフェアトレードタウンに認定されたことをご存知でしょうか。どえりゃあwingsもそれに至る運動に微力ながらも携わりました。これまでにフェアトレードについて学ぶ講演会を主催したり、啓発イベントにブース出展したりしてきました。

さらに、私たちの手からも積極的にフェアトレードを広めていくため、独自の商品を開発しました。ドリップバッグコーヒーとペンケースです。コーヒーはどえりゃあwingsオリジナルブレンドで高校生にも飲みやすい味わいになっています。ペンケースは、コーヒーを飲まない高校生にもフェアトレードを知ってほしい、という想いから今年新たに開発しました。フィリピンで手織りされたフェアトレードの布を使用しています。

フェアトレードコーヒーはHPからご注文を承っております。ぜひお買い求めください。ペンケースは数量限定となっておりますので、団体メールアドレスにてお問い合わせください。

このような活動を通して、学校の勉強では学べないこと、経験できないことから多くの気づきを得ています。活動やイベントでさまざまな人に出会い、視野が広がり、これからの選択について考えさせられる事も多いと感じます。これからも高校生らしい自由な発想から、よりアクティブな活動を行い、社会のため、また自分自身の成長のために継続していきたいと思います。

どえりゃあwingsでは、他にも様々な活動を行っています。詳しい内容は公式HPで、最新の情報はFacebookで発信しています。ぜひご覧ください。

また、どえりゃあwingsは随時メンバーを募集中です。活動は基本的に名古屋市内が中心です。国際について興味がある、中高生の間に何か活動してみたい、学校外の友達を作りたいなど、どなたでも歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

 

公式HP:www.doeryawings.org

メールアドレス:doeryawings2013@yahoo.co.jp

Facebook:https://www.facebook.com/doeryawings/

Twitter:@doeryawings2013

sukiffu 募金活動

sukiffurru 腕章写真

sukiffuru FTデー

sukiffuru FTフェス

sukiffuru クック

sukiffuru コーヒーパッケージ

sukiffuru バングラ

sukiffuru ブラジル

sukiffuru 大会議

sukiffuru 販売風景

  • 神谷 萌南
  • 帰国して1ヶ月が経ち、ようやく日本のジメジメした暑さに慣れてきました。
  • 超電導リニアの走行試験を行っている「JR東海山梨リニア実験線」を取材しました。
  • 文部科学省は民間と協働し、若者の留学を促進するキャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」を展開中。
  • 返済不要の「給付型奨学金」を給付している朝日新聞「朝日奨学会」と「服部国際奨学財団」のご紹介
  • 澤井 紅葉
  • わたしは現地の学校が終わり、夏休みをだれーっと過ごしているところです。

PAGE TOP