トビタテ!留学JAPAN

文部科学省から高校生の皆様へ

文部科学省は民間と協働し、若者の留学を促進するキャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」を展開中。
主な取り組みである「日本代表プログラム」では210以上の民間企業・団体から寄附を募り、返済不要の留学奨学金を毎年高校生500名、大学生1,000名に提供しています。最大の特徴は、その自由さ。留学内容や期間(一定の範囲あり)も自由で、例えば語学研修などのよくある留学はもちろん、サッカー、ダンス、自然保護、途上国ボランティアも対象です。審査基準は成績や語学力ではなく、熱意や個性なので、英語が苦手でも大丈夫です。また、充実した事前事後研修が受けられ、大学生も含め4,000名を超える個性あふれるトビタテ生コミュニティの一員になれるのも魅力です。第3期募集では、全国1,904名の応募があり、約500名が選ばれました。

現在4期生500名を大募集中で、2月締切予定です(学校により学内締切あり・お早めに御確認ください)。 皆さまの御応募をお待ちしております。

詳しくは公式HPを御覧ください。
http://www.tobitate.mext.go.jp/hs

▲10月に開催された留学事後研修の様子

 

  • NEW
  • 返済不要の「給付型奨学金」を給付している朝日新聞「朝日奨学会」と「服部国際奨学財団」のご紹介

PAGE TOP