新城市若者議会

“ごく普通の高校生”から“政策を作るスーパー高校生”に。
人生を変える365日。

高校生のみなさんに質問です。もしも、1,000万円を自分の住んでいるまちの活性化に使えるとしたら何に使いますか?たとえば…「スタバ欲しいなぁ」「Wi-Fi環境を整えたい!」「スマホの充電スポットを作る」などなど、みなさんの身近な課題を解決するための様々なアイディアが出てくると思います。実は、愛知県新城市には「若者議会」という組織があり、20人の若者が1,000万円の予算の範囲内でまちを良くするための政策を作っています。過去2年間で13の若者提案事業が実現され、3年目となる今期では、観光や防災、教育などをテーマに10の事業を生み出し、11月に市長に提出しました。

メンバーの任期は1年間。この1年の経験は、若者たちに多くの学びと大きな成長をもたらします。若者議会の活動により人生が変わった多くの若者を私たちは見てきました。

退屈な日々に飽き、刺激的な日常をお望みの高校生の皆さん。毎年、春に新メンバーを募集していますので、ぜひぜひご応募ください。ちょっとでも関心をお持ちの方、いつでも相談に乗りますのでお気軽に連絡してくださいね。我々は皆さんの1歩を大いに歓迎します。

若者の声や意見を実現し、若者が活躍できるまちを目指して、新城市はこれからも走り続けます。

【愛知県新城市 第3期若者議会】


連絡先

新城市役所 企画部まちづくり推進課

電話0536-23-7692
FAX 0536-23-7694

メールmachizukuri@city.shinshiro.lg.jp

  • NEW
  • 文部科学省は民間と協働し、若者の留学を促進するキャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」を展開中。
  • NEW
  • 返済不要の「給付型奨学金」を給付している朝日新聞「朝日奨学会」と「服部国際奨学財団」のご紹介

PAGE TOP