皆さん、ヘルプマークを知っていますか?

シェアする

このヘルプマークは義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方や術後体力の弱っている方など、外見では分からないが救助や配慮を必要としている方々が、周囲の方へ知らせることで救助を得やすくなるよう東京都福祉局が作成したマークです。
このマークを身につけた方を見かけた場合、電車・バスなどでは席を譲る、街で見かけた場合は配慮・支援などをお願いすることを関東圏で普及している目印で、現在東京五輪に向け30以上の都道府県で普及活動が行われております。

特に若者はそのハンディを言えない状況があると思います。そんな時このヘルプマークの存在は一目で事情が分かっていただける目印だと思います。

今回スキッフルサイトでは、「助けてほしい」心の声を形にしたいとヘルプマーク普及にこの東海地方で立ち上げられた田中麻莉絵さんの思いをご紹介しています。

このヘルプマークは義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方や術後体力の弱っている方など、外見では分からないが救助や配慮を必要としている方々が、周囲の方へ知らせることで救助を得やすくなるよう東京都福祉局が作成したマークです。

このマークを身につけた方を見かけた場合、電車・バスなどでは席を譲る、街で見かけた場合は配慮・支援などをお願いすることを関東圏で普及している目印で、現在東京五輪に向け30以上の都道府県で普及活動が行われております。

特に若者はそのハンディを言えない状況があると思います。
そんな時このヘルプマークの存在は一目で事情が分かっていただける目印だと思います。
今回スキッフルサイトでは、「助けてほしい」心の声を形にしたいとヘルプマーク普及にこの東海地方で立ち上げられた田中麻莉絵さんの思いをご紹介しています。

小﨑 麻莉絵PROFILE
2012年6月 株式会社オアシス設立
2014年8月 骨髄異形成症候群発症
2015年11月 エンディングサービスセンター設立
2017年4月 ヘルプマーク普及活動の会活動開始
2018年6月 特定非営利活動法人いのち繋ぐプロジェクト設立
2019年2月 全役職を退任・解散し、療養生活に入る

1983年生まれ。
2012年ホームページ・チラシ制作会社株式会社オアシスを設立。
2014年に受診した健康診断で骨髄異形成症候群(MDS)を発症し、余命5年宣告を受ける。
その後自身の経験を元にエンディング(終活)サービス事業を立ち上げ、ヘルプマークの普及活動のためのNPO法人いのち繋ぐプロジェクトを立ち上げる。

現在は、闘病生活のために仕事をやめ、療養生活を送っている。
ヘルプマークの活動は新聞、テレビ、Yahoo!ニュース等多数掲載されている。

シェアする
  • NEW
  • 2014年にノーベル物理学賞を受賞した天野先生にインタビュー!
  • NEW
  • 【文化・芸術】 中部・東海地域の音楽界をリードする「名古屋フィルハーモニー交響楽団」
  • NEW
  • 皆さん、「SDGs」を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

PAGE TOP