18歳で選挙権を得る皆さんへ

シェアする

突然ですが、皆さんは「選挙」についてどのようなイメージをもっていますか。非常に重要なものと考えている人もいれば、どこか他人事のように考えている人もいると思います。

では、質問を変えます。こんな社会になって欲しい、もしくはこんな社会は嫌だと考えることはありますか。ごく些細なことも含めれば、ほとんどの人がこの質問に「はい」と答えるのではないでしょうか。

「選挙」は、皆さんが社会に対して抱いている思いを訴えることができる絶好の機会です。そして、これまでは20歳以上の国民にしか与えられていなかった選挙権が、平成28年の法改正により、18歳以上の国民に与えられることになりました。高校生である皆さんの中にも有権者となり、選挙で投票ができる人がいます。

この選挙権年齢引下げは、一体何を意味するのでしょうか。私が考えるに、今の日本が、皆さんのような若い世代が社会に対してどう考えているかということを必要としていることを意味するのだと思います。
なぜなら、これからの日本を生きていき、担っていくのは皆さんだからです。上の世代の方もそのことを認識し、国会議員の方々を初め、各方面から選挙権年齢の引下げに動き、皆さんの意見を聴こうとしてくれています。
それにもかかわらず、その貴重な権利を行使せず、上の世代の方の意見だけで、これからの日本の方針を決められてしまってもよいのでしょうか。

文部科学省では、皆さんが有権者としてのスタートをうまく切ることができるように、政治や選挙に関する高校生向け副教材「私たちが拓く日本の未来」の作成・配布や、広報ポスターの作成・配布等の取組を行っています。

勉強や部活動等で本当に多忙な毎日を過ごしていることと思います。そんな日々の中で、ちょっとだけ政治や社会について考える時間をつくってみてください。そして、いざ選挙が来たら、皆さんがこれから生きていく日本についての要望を投票という形で伝えていきましょう。
冗談ではなく、皆さんの一票の積み重ねで日本がどんな国、どんな社会になるかを決まります。

※個人としての見解です。

文部科学省初等中等教育局児童生徒課 太田 雄嵩

 

シェアする
  • 高校生の文化の祭典「アートフェスタ」- 新しい時代の文化、新時代の私たちが創る -
  • 返済不要の「給付型奨学金」を給付している朝日新聞「朝日奨学会」と「孫正義育英財団」のご紹介

PAGE TOP