2018 彩る感動 東海総体

高校生が作り上げる
高校生スポーツ最大の祭典

シェアする

平成30年度の全国高等学校総合体育大会(インターハイ)は大会愛称を「2018 彩る感動 東海総体」として、7月26日から8月20日までの期間、愛知県、三重県、岐阜県、静岡県の東海ブロック4県と和歌山県で開催します。

愛知県では、水泳(競泳・飛込)、バスケットボール、卓球、ボート、フェンシング、少林寺拳法の6競技7種目を7市町で開催します。

高校生最大のスポーツの祭典であるインターハイは、出場する選手だけでなく、大会の準備や運営にも「高校生活動」として、多くの高校生が積極的に携わって、高校生の手で大会を作り上げていくことが大きな特色となっています。

愛知県では、これまでに高等学校体育連盟に加盟する全224校に高校生活動の学校推進委員会を設置し、全校を巡る横断幕リレーや県内各地でのPRなどの多様な活動を高校生が企画し、展開してきました。

こうした高校生活動の一つとして、4月22日(日)には名古屋市のアスナル金山で「2018インターハイ100日前イベント」を開催しました。このイベントは企画から運営までを皆さんと同じ高校生が主体となって進め、運営に携わる高校生や出演者等約210人がイベントを盛り上げました。

ステージでは愛知県で開催する競技や会場の市町について、緊張しながらも堂々と紹介をしました。また、高校生による吹奏楽やアカペラ、ダンスの応援アトラクションは圧巻のステージでした。

ステージイベントのほかにも、競技を紹介するブース展示や応援フラッグへのメッセージ記入コーナーなどの運営、舞台進行の補助など、様々な場面で高校生たちが活躍しました。

本イベントは、高校生の皆さんの頑張りのおかげで、約5,000人の方にご来場いただく大盛況のイベントとなり、多くの方に「2018 彩る感動 東海総体」を知っていただくことができました。

今後も、大会本番まで高校生たちが大会を支える活動を実施していきます。また、大会期間中は会場で多くの高校生が大会運営の補助員として活動します。

ぜひ、今年の夏は、インターハイ会場に来場し、高校生の頂点を決める熱い戦いに大きな声援をお願いします。また、その際には、皆さんと同じ高校生が大会を支えている姿にも注目し、声をかけてあげて下さい。

https://www.koukousoutai.com/2018soutai/

Facebook
https://www.facebook.com/2018soutai

少林寺拳法では、少林寺拳法部員による実践を交えた迫力ある競技紹介を行いました。
イベントを盛り上げてくれた高校生スタッフたち。
【2018インターハイ100日前イベントにて】

シェアする
  • 高校生の文化の祭典「アートフェスタ」- 新しい時代の文化、新時代の私たちが創る -
  • 返済不要の「給付型奨学金」を給付している朝日新聞「朝日奨学会」と「孫正義育英財団」のご紹介

PAGE TOP