型破り高校生の「えっ!そんな進路ってありなの?」

20160821-01

2050年には、今ある仕事は半減し、人工知能に奪われる。
そんな時代に生きる私たちに、過去や常識は関係ない。
だからこそ、これからどんな進路に進もうか 迷う学生も少なくないはず。
そんな中、名古屋の高校生3人が自分の将来と向き合い、 一年前、 それぞれが"常識"を打ち破るような決断を下しました。
まず、世界の現状を知るべきじゃない?
二つの分野を極めたいのに、絞らなきゃいけないの?
そもそも進学先を日本に限定する必要ないんじゃない?
そんな型破りな三人の講演会を 8月21日(日)13時から東建ホール・丸の内にて開催します。

speaker

吉野 裕斗 ★高校生世界一周バックパッカー
1997年生まれ。名古屋大学教育学部附属高等学校3年。
名古屋中高生国際ボランティア団体「どえりゃあwings」を設立、元代表。
国際協力の現場を学び、現地で働く人々から話を聞くために、高校を休学して275日・29カ国を巡る世界一周へ出発。資金は企業・個人協賛にて調達。各新聞媒体やTVにて特集。
自身もネットメディアなどの連載や、現在は全国での講演会・出張授業を行っている。

 寺社下 茜 ★NYへ大学進学
1996年名古屋市生まれ、名古屋市育ち。
高校1年生の時に聞いた紛争の話に大きなショックを受け、いつか世界を平和にすると決意。
2015年 千種高校国際教養科を卒業後、様々な国の人たちと国際関係学を学ぶためニューヨーク州立大学へ進学。
多様な人たちのあたたかさや自然と触れ合う中で新たな平和への可能性を感じ、現在休学中。

 柴田 奏 ★ダブルメジャーに挑戦中
1997年4月生まれ。愛知県立旭丘高校卒業後、四月から慶應義塾大学法学部1年及び桐朋学園大学音楽学部ソリストディプロマコースに進学。
Henry and Gertrude Lasker Young Soloist Competition第1位、デザインK国際音楽コンクール2012第1位、第68回全日本学生音楽コンクール全国大会第2位など、数々のバイオリンでのコンクールに入賞する他、TEDxYouth@AsahigaokaHSを開催し日本の高校生で初のTEDxオーガナイザーとなるなど、積極的にボランティア活動にも関わる。

————

ブース出展(11:00〜)

どえりゃあWings:中高生国際ボランティア団体。フェアトレード商品販売。

Coldy:ホームレス交流企画団体Coldyの活動紹介。

————

日 時 :
2016年8月21日(日)
13:00〜16:00(11:00 開場)

場 所 :
東建ホール(地下鉄「丸の内」駅1番出口前)
名古屋市中区丸の内2丁目1番33号
tel.052-232-8070

入 場 料 :
高校生以下 500円 / 大学生以上学生 1,000円 / 大人 2,000円
※料金のお支払は、当日会場にて受け付けます。
※全席自由席

————

お問い合わせ
ヨシダ・アンド・カンパニー スキッフル事業部
052-771-9466
yo-and-c@crest.ocn.ne.jp

[ お申し込み ]

講演会に申し込みをする


  • 神谷 萌南
  • 帰国して1ヶ月が経ち、ようやく日本のジメジメした暑さに慣れてきました。
  • 超電導リニアの走行試験を行っている「JR東海山梨リニア実験線」を取材しました。
  • 文部科学省は民間と協働し、若者の留学を促進するキャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」を展開中。
  • 返済不要の「給付型奨学金」を給付している朝日新聞「朝日奨学会」と「服部国際奨学財団」のご紹介
  • 澤井 紅葉
  • わたしは現地の学校が終わり、夏休みをだれーっと過ごしているところです。

PAGE TOP